輸入住宅ステーショングループ滋賀県でカナダ輸入住宅を建てるなら

tel:0120-824-406 お問い合わせ 資料請求

STAFF BLOGスタッフブログ

今年もお世話になりました!

2017年12月28日

こんにちは!

施工例のご紹介です。
外壁がレンガ張りで重厚感があります(^▽^)(幸町モデルハウス)


今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いします!!

よいお年をお過ごし下さい☆
工事監理 松村貴史

セルコホーム全国大会

2017年12月26日

11月にセルコホーム全国大会に行ってまいりました。

本社のある仙台で行われ、各地のパートナーの方々が参加しました。

新商品の説明をしていただきました。

協力会社様の出展ブースなどもあり、とても賑やかで、魅力のあるものばかりでした。

新社屋の見学もさせていただきました。

3階建ての大規模木造建築で、今までとは違った趣でした。

内部にはリフォームシアターがあり、建材や設備などがとてもおしゃれに配置されていました。

他にも懇親会で各地のパートナー様と話す機会があったり、
モデルハウスを見学させていただいたり、とても有意義なものとなりました。

事業部 奥野 紘己

薔薇の栽培に挑戦

2017年12月24日

今年の春に妻の友人から薔薇が満開なので一度見に来ませんかと

お誘いがあり訪問したところ、家の廻り中に薔薇が咲き誇っていました☆



その時は、感激で終わったのですが、

夏ごろから家の庭が寂しく、たまたま頂いた「つる薔薇」をフェンス際に植栽しました。

すると、気にもしていなかったつるが急に勢いを増してフェンスに広がり花を咲かせてくれました!

それをきっかけに家族で相談してウッドデッキ前の庭に一度柵を作って栽培することになりました!!




薔薇は秋ごろになるとすべての葉を落としてしまうので

剪定をして、寒い冬を乗り越えさせられるそうです。

商品の販売は10月~11月にあり、12月~1月に地面に植え替えて定着させるとの事で

友人から薔薇を購入するのであれば、京都の洛西の松井造園へ11月頃に足を運んで相談してから

購入を検討したらと指導して頂いたので、ドライブがてら行くことにしました(^O^)

そこは山間の中でしたが、お店一面にかなりの種類の薔薇が剪定された状態で販売されており

圧倒されましたが、選択に困った為店員の指導を依頼して、自分たちの希望も伝えながら

順番に案内し教えてくださいました(^O^)!!

(但し花芽がこの時期ない為満開の状況はわかりません(・・;))




薔薇に興味があれば一度足を運んでみてください♪

購入した薔薇は、二種類で合計金額¥12,000でした!!

(枯らすことなく地面に定着してくれることを期待していますo(^▽^)o)



柵造りですが、土60㎝程掘り返して薔薇用を土を作り、

柵の支柱を建てる柱脚の基礎までは何とか完成していますが、

その基礎が四か所ありそこに支柱を建て込み、モルタルで固定し乾燥すれば

ワイヤーメッシュと言う升目に丸い金蔵棒を溶接して作られてある金網

(1枚の大きさが1.0m×2.0m)を

3枚柱脚の間にジョイント金物を利用して固定すれば完成です☆彡

(年内完成予定です(o^^o)♪)

薔薇がかわいそうですが時間が作れず待っていると思いますが

もうしばらく我慢してもらうことで枯れない事を願っています♪



事業部 北岸 稔之

仙台へ!

2017年11月25日

先日、仙台に行きました。会社の行事で行くことになりました。
休日利用の観光ではないので、名所巡りは出来ません。
ですので、内容も真面目なスケジュールに終始します。


目的は、ビジネスパートナーの1社としてセルコホームの全国大会に出席しました。


大会中では、全国加盟店の表彰も併せておこなわれ、輸入住宅のデザインの良さも改めて感じることができました。


会場外では、特設ブースも設置され足を運んだ価値があるものになりました。


初日は午後から夜にかけてのもので短時間でしたが濃い内容でした。


2日目は、仙台駅に集合でバス乗車移動スタートです。




1ヶ所目は、完成間もないセルコホーム本部を見学。
大規模な木造躯体と内部も充実した品揃えの仕上げでした。






2カ所目は、総合展示場内のセルコホームモデルハウス。
凹凸で立体感のある外観とインテリアの配色に空間を十分生かされたモデルハウスになっています。
特に、写真左上の小屋裏スペースを利用した隠れ屋的書斎とビルトインガレージの雰囲気は一見の
価値あり。

ただ、残念な事にセルコホームはデザインでの評価は高いのですが、大変高性能な住宅である認知は
世間にはまだまだ浸透していないんですね・・・(^_^.)


営業 綿谷

なんだか不思議な形をした土壁の建物。これは一体…!?

2017年11月20日




これは、岐阜県多治見市にあるモザイクタイルミュージアムです。

中は4階建ての構造になっていて、4Fは屋外の展示スペース、3Fはタイルの製造工程や歴史、

2Fは最新タイルの情報やコンシェルジュカウンターにて相談もできるようになっていました。

また1Fではワンコインで体験ができるコーナーやショップがあり、

たくさんの方が体験されていました。




土壁が特徴的なこの建物を手掛けたのは、建築家の藤森照信さんです。

「建築物を構成する素材の中で最も根源的なものは何か」という問いに、

「土」と答えていらっしゃいます。

身近な所では、滋賀県近江八幡市にある、たねやグループ「ラ・コリーナ」のお店も

藤森照信さんの設計した建物です。








まるで、ジブリの世界に迷い込んだかの様な建物。

土壁や自然素材を活かした建物で周りの自然と溶けあいどこか懐かしいような、

でも新しい自然との調和を作りだしています。





ラ・コリーナでは、ここでしか食べられない限定のお菓子が色々あって、

私もまだ食べてないものたくさんあるので、是非とも食べてみたいと思っています。

見ごたえと食べ応えがあって満喫できますよ!(*^O^*)


企画設計室

MODEL HOUSEモデルハウス

カナダホーム・セルコホームのモデルハウスを、ぜひ体験・体感してください。